金庫の施錠タイプはデジタルとアナログに分かれる

 近年の金庫の施錠タイプは、主にデジタルとアナログに分かれています。例えばアナログタイプの代表としては、ダイヤル式の施錠金庫で古くから使われていますが、デジタル式の施錠方式が採用されるようになった今日でも愛用されています。このタイプの金庫は私も昔経験があるのですが、ダイヤルを右に回したり左に回したりとかなり面倒臭いので、その内にキーだけ回せば金庫が空いてしまうようにしていました。もちろん、金庫を設置した当初はそんな行為はしていないのですが、金庫を開ける度にダイヤルを回さないといけないことから次第に面倒臭いという思いが強くなってしまい「空き巣が侵入する確率なんてかなり低いハズ」と自分を正当化してしまうのです。今思えば、金庫の本来の目的を無視したような本末転倒の行為でした。

私にとっては、ダイヤル式金庫にはそんな思い出しかないのですが、ネットを調べているとどのサイトにおいても「操作を覚えるのに最初は戸惑うが、慣れれば問題なく使いこなせる」といった説明書きがほとんどですね。ということは、私の場合ダイヤル式金庫に慣れる前にルーズな思いに負けてしまったということになるのでしょうかね。

ところで、キーを差し込んで解錠するというアナログ方式の中にも、シリンダー式の金庫も普及するようになってきています。とりわけこのタイプの場合、ピッキングやキーの複製が困難なので、今日ではアナログタイプの金庫ではダイヤル式に代わる代表的な金庫となっています。次にデジタル式の施錠金庫ですが、暗証番号を入力するテンキー式金庫も随分と普及しています。このタイプは、銀行のATM機などにも採用されているタイプでもあるので、かなり安全なのでしょうね。ただし、電話番号や誕生日など第三者に想定されやすい暗証番号は控えるべきでしょうね。その他にも、磁気カードを差し込むタイプやマグネット式施錠システムを導入している金庫もあります。